パフォーマンスピラミッド

目次

ダイエット! その前にしなければならないこと

「ダイエットしたい!」
「ランニングを始めたい!」
「今度仕事でプレゼンなんです」

何かを始める。
何かにチャレンジする。

その前に知っておかなければならないことがある。
やらなければならないことがあるのだ。

パフォーマンスピラミッドと呼ばれるものだ。

始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

それぞれの要素を、取り組むべき順序で説明しよう。

1.モビリティとスタビリティ

始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

たとえばランニングをするときの、主要な関節の働きを見てみよう。

始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

・モビリティ=動くべき関節
・スタビリティ=安定すべき関節

モビリティとは、動く身体を思い通りにコントロールする能力である。
ここでは、神経・筋肉・関節の3つの要素が正しく機能しなければならない。

スタビリティには、体幹部の深層筋を安定させ、手足のモビリティを高める役割がある。

主要な関節にはそれぞれモビリティとスタビリティの役割があるのだ。(2つの役割を併せ持つ関節もある)

始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

身体を動かすときは、この2つの機能が、常に統合されていなければならないのだ。

2.パフォーマンス

始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

身体を思い通りに動かすためには、筋力も必要である。
ただし、やみくもに筋力を強化するだけはダメだ。

始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

モビリティとスタビリティを効果的に実現できる筋力が必要だ。
そのためには、筋肉の持つさまざまな特性を理解し、バランスよく筋力を向上させる必要があるのだ。

始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

3.スキル

始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

・モビリティとスタビリティ
・パフォーマンス

この2つのステップを実現して始めて取り組むことができるのが「スキル」だ。
筋トレ・ランニング・ダイエットは「スキル」であり、いきなり始めてはいけないのである。

いきなり筋トレ・ランニング・ダイエットを始めると?

では、いきなり「スキル」を始めるとどうなるのだろうか。
ある日突然思い立ち、ランニングを始めた30代女性の例を見てみよう。

デスクワーク中心、あまり歩かない生活習慣であったため、動くべき関節が動いていなかった。
さらに体重を支える筋力や、長時間活動する持久性、路面の衝撃を吸収する柔軟性に欠けていたのだ。

その結果、膝関節に負担が集中し、せっかく始めたランニングを中止せざるを得なくなってしまったのである。

始める前に始める

始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

筋トレを始める前に、筋トレができる土台をつくる。
ランニングを始める前に、ランニングができる身体をつくる。
ダイエットを始める前に、ダイエットができる身体をつくる。

『始める前に始める』のだ。

THE CONDITIONING ROOMの「骨格コンディションニング」は、クライアントのコンディションに応じたメニュー設計が可能だ。

ストレス要因(立ち仕事・座り仕事・アスリート・・・)は人それぞれ違う。
目的(ダイエット・コリや痛みの解消・スポーツ・仕事のパフォーマンス・・・)も同様だ。
だからコンディションに応じたメニュー設計が必要なのだ。

骨格コンディショニングを続ければ、自分の持つポテンシャルを最大限に引き出すことができるだろう。

始める前に始める

全身メンテナンスで骨格コンディショングを始めよう。


この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる