それってホントにO脚?

「O脚で悩んでいるんです・・・」

始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

実に来店するお客様の50%以上が、このお悩みを抱えています。

でもそれ、本当にO脚なのでしょうか?

検証してみましょう。

※Fann Channel 収録データを基に、記事を作成しています。

目次

検証

実際にO脚に悩むクライアントの身体の状況を検証します。

膝が内側を向いている

まず、膝が内側に向いています。
本当にO脚かどうか、疑わしい状態です。

骨盤が開いている

THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

骨盤は大きく開いています。
座っているときは、腸骨が開いて上半身を支えています。
この状態が長く続くと「骨盤がつねに開いた状態」になってしまいます。

結論。これはX脚です。

骨盤が開くと、大腿骨は内側へはいってバランスをとろうとします。
対して股関節は内旋状態になっています。

THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

もし仮に、骨盤も股関節も開いてしまうと・・・

THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

こうなります・・・。

THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

これはX脚です。
O脚の施術をしてもよくならないんです。

原因

では、X脚になる原因についてざっくりですが解説します。

距骨の可動性

X脚の原因のひとつに「距骨のスペースがないこと」が挙げられます。

THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

距骨のスペースがないと、足首は底背屈がとりにくくなります。

始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

この状態では、歩くときまっすぐ地面を蹴れません。
さらに足首は横に入ってしまいます。

THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

その結果、足の外側全体に強いストレスがかかってしまいます。

THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論


この状態を改善するには、足裏の使い方・重心の取り方を改善しなければなりません。
関節を正しく機能させる必要があるのです。

THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

X脚の見分け方

X脚によくみられるパターンを見てみましょう。

始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

うつ伏せの状態で、かかとが外に開いてしまっています。
これは股関節の内旋により、太ももが内側に入っているからです。

うつ伏せの状態で、このようにまっすぐかかとが上を向くのが理想です。

O脚とX脚。始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

施術

では、施術に入りましょう。

O脚とX脚。始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

身体の前面の深い位置を通っている筋膜ライン(ディープフロントライン)。
足先から横隔膜を通って、顔までつながっています。

O脚とX脚。始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

このディープフロントラインをターゲットに、しっかりと伸ばしていきます。

O脚とX脚。始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論
O脚とX脚。始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

筋膜は、足の裏からスタートしています。
ディープラインは指先からしっかり伸ばさなくてはなりません。

X脚とO脚。始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論
O脚とX脚。始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

骨盤の調整

股関節が正しい位置にもどれるように、股関節の遊びをつくっていきます。
股関節は、モビリティ(動かす)とスタビリティ(安定させる)の2つの重要な役割があります。
この股関節の機能性を回復させるため、骨盤周辺の筋群の調整も必要になります。

O脚とX脚。始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論
O脚とX脚。始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論
O脚とX脚。始める前に始める土台づくり。THE CONDITIONING ROOM、THE ANSWER、小顔スタジオ創始者。関口アキラの整体理論

腰痛はほぐさないで
股関節の可動制限がかかると、代償として腰や首に痛みが生じます。
本来の役割以上の負荷がかかるからです。
だからといって、腰痛は腰をほぐしてはいけません!
腰ががんばってるから。柔らかくすると耐えられなくなります。
代償の負荷をとらないと意味がないんです。
股関節本来の機能(動きと安定)を取り戻す必要があるのです。

まとめ

クライアントの実に50%以上の方が「O脚?」に悩んでいる。

しかし実は「X脚」のケースも多い。

原因のひとつとして、足首の可動性の問題がある。

深層筋膜ライン(ディープフロントライン)を伸ばす施術が必要

同時に股関節の機能も高めなければならない。

O脚・X脚改善!
関節本来の機能を取り戻して、美しく動ける身体を手に入れよう!

THE CONDITIONING ROOMの「骨格コンディションニング」は、クライアントのコンディションに応じたメニュー設計が可能だ。

ストレス要因(立ち仕事・座り仕事・アスリート・・・)は人それぞれ違う。
目的(ダイエット・コリや痛みの解消・スポーツ・仕事のパフォーマンス・・・)も同様だ。
だからコンディションに応じたメニュー設計が必要なのだ。

骨格コンディショニングを続ければ、自分の持つポテンシャルを最大限に引き出すことができるだろう。

始める前に始める

全身メンテナンスで骨格コンディショングを始めよう。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる